歯が折れた友人にインプラントを薦めるべきか

様々なインプラント治療の問題点を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないといった口コミがあったかもしれません。

しかし、それは正しくありません。MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので金属ですが、磁気には反応しません。検査には問題ないのです。

虫歯がかなり悪化して、結局、歯を抜くことになってしまいました。

このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、インプラントにすると、このようになりますよと説明され治療を受ける決心がつきました。保険がきかないため、高額になりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。

手術が終わってから、だんだんと噛んだときの違和感がなくなってきたのでこれで良かったと実感しています。
入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。使用年数は生涯持つと言われることが多いのですが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。