ワンルームにはベッドは置かない方が良い

ロフトなしワンルームであれば、広さによってはベッドだけでかなり場所をとられてしまいます。また、もとの住まいに合わせた大きさのベッドであれば、専門の業者でもドアとベッドの大きさが合わず、搬入できなくなってしまう大変な話もあるようです。
引っ越しを機会に、ベッドを処分して布団生活を試しに始めてみると家の中がすっきりしていいかもしれません。


何事もそうですが、引っ越しも段取りで決まります。厚木市への引越しの時は、大きさと数が間に合うようにダンボールを用意し、当面使わないものから梱包しました。
日用品は取り除けておき、それ以外をものの種類で分けながら梱包するのが普通です。

ダンボールの外側には、中身の種類を書いた紙を貼ることで荷物を開くときに役立ちます。

ライフライン関係も、転居の手続きがあります。
忙しくても、必ず終わらせましょう。

引っ越しに共通して使われるものがありますね。
いわゆる荷造り用品の、ダンボール、テープ類、ひも等です。

どこでも手軽に買えるものですが、業者を通した引っ越しならば、契約成立までにおまけとして、梱包用グッズを持ってきてくれることもあります。

厚木への引越しで重宝したのがミニ引越サービスセンターという会社でした。引越しサービスには女性向けのサービスも充実していて、他の会社とはちょっとした心遣いがうれしかったものです。とはいえ、料金的にも格安だったので大満足でした。

参考:引越し厚木